HOME » トレーナーになったら~開催法 » セミナーの企画方法

セミナーの企画方法

このページでは、NLPセミナーの開催方法をアドバイスしています。

最初の一歩はターゲットを決めること

NLPトレーナーの資格を取得してから、実際に自分でセミナーを開催する際、参加者に魅力的に映るセミナーを企画する方法を紹介していきます。

セミナーを企画する時、一番重要な点は、誰を対象にしたセミナーを開催するのか、ということを考えましょう。

NLPのセミナーを開いているのはあなた1人ではありません。これまで学んできたスクールも開催しているわけですし、あなたと同じようにトレーナーとして独立した先輩たちも開催しているわけです。

その中で確実に人を惹きつけられるセミナーを開いていくためには、次のようなプロセスで考えていきましょう。

  1. 自分の強みを考える
  2. どんな顧客を相手にセミナーを開くのか方針を決める
  3. 顧客がどんなニーズを抱えているのかイメージする

企画というのは人を集めるためには、キャッチーなフレーズをひねり出すことではありません。顧客がどんな課題を抱えているのか、顧客の心に刺さるメッセージは何かと顧客の視点に立って同じ目線で物事を見ることが必要なのです。

独り善がりにならず、まずは真似る

セミナーの構成などを考えるにはどうすればよいのでしょうか。

1つには有料の「セミナー運営のためのセミナー」を探して足を運んでみるのも良いでしょう。

あるいは、自分がターゲットとしている顧客層を相手にしているセミナーに参加してみるのも良い考えです。NLPに関するセミナーでも良いですし、あるいは完全に別物のセミナーに参加するのも良いでしょう。

自分が相手にしようとしている顧客とともにセミナーに参加することで、周囲の自分のターゲットがどんな悩みを抱えているのか、講師のどんなメッセージに心を動かすのか、同じ目線でセミナーを体験し、相手の感じているところを察するのは良いトレーニングになるはずです。

また、自分の目から見て、どんなセミナーが面白いのか、どんな構成だと飽きずに聞くことができるのか、セミナー運営のノウハウを肌で感じて盗み取るのにも使えます。

変にオリジナリティを打ち出そうとするのではなく、まずは顧客の望むセミナーを真似ること。それが成功するセミナーを企画する第一歩だと言うことができるでしょう。