HOME » トレーナーになったら~開催法 » 事前準備のアドバイス

事前準備のアドバイス

このページでは、NLPセミナー開催に向けた準備のポイントをまとめています。

セミナー開催までの準備の進め方

セミナーの内容を企画した後、開催に至るまでにどんな準備をしなくてはならないのか。今度は事前準備について説明していきます。企画とも連動するところですが、まずはどの程度の規模でセミナーを開催するのか決めましょう。最初のうちは無理をせず、大きな会場を借りようとはせず、少人数のセミナーから始めるのがよいでしょう。

会場は貸し会議室を使うのが良いでしょう。少人数セミナーの会場なら、東京都内ですと1時間当たり5000~1万円くらいで借りることができます。貸し会議室選びの際は、次のようなポイントに気を付けてください。

  • 駅からのアクセスは良いか
  • 建物は古びて悪い印象を与えないか
  • プロジェクター、マイクなど、自分の使いたい備品を借りられるか

独立してからしばらくは、お客様との信頼関係が貴重な財産となっていきます。費用対効果を重視して安い場所を選ぶという考え方もありますが、高い費用を払って通ってもらうセミナーにするのなら、自分自身のバリューを低く見積もられないためにも、ある程度の高級感を醸し出せる場所を選ぶようにしたいモノです。

当日のリハーサルは入念に済ませておく

よほどセミナーの開催に慣れてくるまでは、事前準備として当日のプログラム通りにリハーサルしておくべきです。知人や友人を招いて、1度は通してリハーサルしておきましょう。その時、会場の見取り図なども分かっているはずですから、席の配置などについても、当日の環境にできるだけ近づけておきましょう。

当日、参加してくださる方のお名前リストなど、当日にはどのような備品が必要になるのか、誰が受付の窓口対応をしてくれるのか等、セミナーの講演内容以外に、関連するタスクの対応をどう進めていくのかも考えましょう。

ある程度の規模でセミナーを開催するのであれば、最寄駅から会場までの案内役をどうするか、迷われたお客様をピックアップに行く役割は誰が担うかなど、考えられる限りのネガティブな要因を洗い出し、対応できる心構えを済ませておく必要があります。