HOME » NLPトレーナー養成講座の選び方 » セミナー選びの注意点

セミナー選びの注意点

このページでは、NLPトレーナー養成セミナー選びのポイントを紹介しています。

将来性のある全米NLP協会公認の資格を

NLPトレーナーの資格取得で受講する講座は、どのようなポイントで見ていけばよいのでしょうか。そのポイントは次の3つです。

  • 全米NLP協会の公認資格を選べるスクールを選ぶ
  • 自分がプロになりたい専門性に長けたものを選ぶ
  • 独立するのに十分な知識・ノウハウを得られる講師から学ぶ

まず1つ目は、全米NLP協会の公認資格を取れるスクールを選ぶということ。日本では米国NLP協会も知名度が高いのですが、実は本場のアメリカでは、2派に分かれて争っていたり、学習用のカリキュラムなどが整っていなかったりと評判が良くないのです。

そんな評判を耳にする以上、アメリカでの主流派である全米NLP協会の公認資格を得られる講座を選んだ方が、あなたの将来は明るくなるでしょう。

全米NLP協会には、NLPトレーナーになってから、さらに上のマスタートレーナーを目指すことができます。詳しくは後ほど述べますが、そうした点もうれしく感じられるポイントではないでしょうか。

自分の磨きたい専門性に強い講座を選ぼう

講座選びの2つ目のポイントは、自分の目指す専門性について詳しく学べるところを選ぶことです。

NLPの活用先としては、ビジネス、セラピー、コーチングなど、さまざまな方向性が考えられます。NLPトレーナーについて教えてくれる先生も、1人1人に専門とする分野があるわけですから、自分の伸ばしたい分野に強い先生を選んでいくべきでしょう。

ビジネスパーソン向けのセミナーを開くトレーナーになりたいのに、セラピーに強い先生に師事したのでは、目も当てられませんからね。NLPの根幹となるところは変わりませんが、せっかく直に接して教えてもらえる機会です。少しでも多くの情報を吸収できるよう、専門性を伸ばせる講座を見分けて選ぶようにしましょう。

費用対効果でなく投資対効果で考えよう

最後のポイントは、費用対効果ではなくて投資対効果でスクールを選ぶと言うことです。資格を取るとなると、「資格取得までにかかる目先の費用総額」で考えがちですが、プロのトレーナーとして独り立ちすることを考えると、それよりも「将来的に使い物になる知識・ノウハウがどれだけ身に付くか」という投資対効果の視点で講座を選ぶことが肝要でしょう。

自分がトレーナーになった時のイメージを思い描き、生徒から批判されるのではなくて傾聴して話を聞いてもらえるようなトレーナーを目指すこと。生徒に胸を張って語りかけることができるよう、しっかりと学べる講師の方が居るスクールを選ぶようにしましょう。

>>NLPトレーナー講座を比較<<