HOME » NLPトレーナー養成講座の選び方 » 日本NLP総合研究所

日本NLP総合研究所

福岡・熊本・鹿児島・広島を拠点に開講する日本NLP総合研究所のNLP講座について紹介します。

実践向きなNLPを学べる日本NLP総合研究所

日本NLP総合研究所は、実践で利用できるNLPを指導するスクール。代表を務める田口圭一トレーナーは、NLPの創始者の1人、リチャード・バンドラー本人が開講したトレーナーコースを修了。現在、約500人の生徒にNLPを教えています。その他の講師陣も数々のNLPの資格をもつベテラントレーナーで揃っています。

数々の成功者は、NLPを通じて演説・プレゼンを行い人々の関心を集めています。その秘訣、コミュニケーションスキルなどを日本NLP総合研究所で学ぶことができます。
無料体験コースも実施しているので、スクールの雰囲気を知りたい、NLPの授業に興味がある人は参加をオススメします。

トレーナーが得意とする専門分野は?

6人のトレーナーが講師として務めています。様々な業界で活躍し、NLPを実践で取り入れています。具体的に美容講師、音楽講師、企業経営者、料理講師、カウンセラーなどの場でNLPを活用しているとのこと。

資格取得以上に、生活や実践に踏み込める多角的なシーンで使用可能なNLPを学ぶことができます。

トレーナー養成講座の詳細は?

日本NLP総合研究所では、トレーナー養成に向いた下記2つのコースを開講しています。

  • NLPプラクティショナーコース
  • NLPマスタープラクティショナーコース

プラクティショナーコースでは、NLPの基本的な内容が学べる講座。マスターコースでは、プラクティショナーコースより上の上級スキルを学ぶことが可能です。

日本NLP総合研究所が発行する認定書は、「米国NLP協会」「全米NLP協会」から発行。共に認定資格コースのため、2講座受けただけでトレーナーになれる訳ではありません。
トレーナーを目指すなら、土台となるこの2講座を受けた上でリチャード・バンドラー博士やジョン・グリンダー博士などが認定するトレーナー専用の資格を貰う必要があります。

どのNLP講師を見ても日米両方のトレーナー資格をもっています。資格をもっているだけトレーナーとしての信頼度も上がるので、自分が向いてると思う団体でトレーナー資格を得ることをオススメします。