HOME » NLPトレーナー養成講座の選び方 » 日本NLP学院

日本NLP学院

このページでは、日本NLP学院のトレーナー養成講座について解説しています。

ジョン・グリンダー博士公認の唯一のスクール

日本NLP学院は、NLP創始者の1人であるジョン・グリンダー博士が日本で唯一公認したスクールです。元々は言語学者として知られ、NLPをリチャード・バンドラーとともに築き上げた後、独自にNLPのモデルを改良し、ニューコードNLPとして確立させています。ですから、日本NLP学院は、ニューコードNLPを学べる日本で唯一のスクールということになります。

ニューコードNLPは無意識レベルの意図までも実現していけるように、手順を踏んで無意識部分の活性化を促せるような内容になっています。押しつけではなくて自発的な気付きを促すようになっており、物事の内容ではなく、プロセスに焦点を当てています。

トレーナーが得意とする専門分野は?

日本NLP学院は、ジョン・グリンダー博士、および博士のパートナーであるカルメン・ボスティック・サンクレア氏からの直接指導が受けられます。日本人のトレーナーの方もいるようです。

提携先がカウンセリング・セラピーの団体が多いため、ビジネス用とというよりは、カウンセリング・セラピー系統の専門性を深めるのに向いているのかもしれません。

トレーナー養成講座の詳細は?

ニューコードNLPトレーナーを目指す場合は、ジョン・グリンダー博士からの直接の指導を受ける必要があります。トレーナーとして認定されるまでのプロセスとしては、ニューコードNLPプレゼンテーションスキルコースを受講してワークショップトレーナー資格を入手し、トレーナーズトレーニングコースを修了し、面談&小論文に合格することで始めて資格を得ることができます。

最初の一歩となるニューコードNLPプレゼンテーションスキルコースは現在募集しておりませんが、博士のスケジュールにあわせて、日本NLP学院のサイト上で告知されます。最初のコースの受講料は60万円となかなか高価かもしれません。

>>トレーナー養成講座BEST5<<