HOME » NLPトレーナー養成講座の選び方 » NLPミレニアムジャパン

NLPミレニアムジャパン

このページでは、NLPミレニアムジャパンのトレーナー養成講座についてわかりやすく解説していきます。

創始者に一番近い団体

一般社団法人NLPミレニアムジャパンは、リチャード・パンドラ-博士が開設したパンドラ-・ラインの日本のNLP統括を行っている団体です。もっともパンドラ-博士に近い団体として、最新のスキルの普及や日本でのクオリティの向上、認定証の申請や更新などを行っています。
また、毎年3月には米国内で行われるトレーナーコースやリチャード・パンドラ-博士が直に行うセミナーツアーを開催するなど、積極的に活動しています。

NLPトレーナーになる場合、このリチャード・パンドラ-博士のサイン入り認定証を与えられる団体には規約があります。最近では、この規約に準じないまま独自に認定証を与える団体もあり、トラブルの原因となる可能性もあります。場合によっては、せっかく受講したのに授与された認定証は認められないことも。
NLPミレニアムジャパンは、米国NLP協会の正規認定団体であり安心して受講できます。

トレーナーが得意とする専門分野は?

NLPミレニアムジャパンは、創始者リチャード・パンドラ-博士の直接のセミナーツアーを企画開催したり、米国NLP協会の認定を受けるなど正統派の認定団体として活動しています。登録トレーナーは多数いて、全国でスキルアップを実践したりとさまざまな活動をしています。
そのため、得意な専門分野は限定されずオールマイティに対応できると考えていいでしょう。

トレーナー養成講座の詳細は?

NLPミレニアムジャパンのコースは、米国NLP協会の必須項目にのっとって行われているものです。プラクティショナーコースという最低限の基本コースでは、NLPの基本的な考え方と行動を統合するための能力を身に着けるコースです。
こちらを受講後、さらに上のコースであるマスタープラクティショナーコースを受講することが推奨されています。

このコースでは、プラクティショナーコースのスキルすべてを行動に移す能力とデモンストレーションする能力を学ぶほか、自分自身の柔軟性デザイン能力、言語表現能力などを習得します。
それぞれの費用については記載がないため、直接問い合わせてみるといいでしょう。