HOME » NLPトレーナー養成講座の選び方 » ベストセミナー比較ランキング

ベストセミナー比較ランキング

このページでは、トレーナー資格が習得できるセミナーの情報を紹介しています。

NLPトレーナー養成講座ベスト5

実際にセミナーに参加した方の意見も参考に、各講座の評価をまとめました。

【第1位】
NLP-JAPANラーニングセンター
NLP-Japan-HP画像
公認団体 全米NLP協会本場アメリカの主流団体。カリキュラムも整っていて、マスタートレーナーというNLPの最上位資格を取得可能
取得できる資格 NLPトレーナー資格
マスタートレーナー資格
※トレーナー自体を育成できる資格。
受講期間 18日間費用や日程の詳細はこちら
講師の質 最新の第三世代NLPの世界的な権威で、アメリカン・パシフィック大学総長も兼任するタッド・ジェームス氏による直接指導。同時通訳あり。
専門分野 ビジネス向け:政府系の審議会員も務めるワタミ会長の渡邉美樹氏を講師に招くなど、先進企業家との関わりも深いスクール。実践的な指導に重点を置いており、集客力の高いビジネス向けNLP講座や、企業内研修の講師になることができる。
【第2位】
NLPラーニング
NLPラーニングHP画像
公認団体 米国NLP協会(クリスティーナ・ホール派):米国内の主流派の一つ。元々あった同名団体から分派したグループ。
取得できる資格 NLPトレーナー
受講期間 14日間詳しい日程等はこちら
講師の質 講師のクリスティーナ・ホール氏は、NLP創成期のメンバーとの関わりも深く、彼らの理論を体系付けた人物。人格者として知られ、日本国内の信奉者も多い。
専門分野 セラピー向け:脳科学や神経心理学のような科学的手法を採用した物ではないが、ホール氏自身がセラピスト出身であるため、同分野でのノウハウは豊富。
【第3位】
日本NLP学院
日本NLP学院HP画像
公認団体 グリンダー&ボスティック:NLP創始者の1人、グリンダー博士の系列団体。主流派ではないが、ニューコードNLP分野では著名。
取得できる資格 ニューコードNLPトレーナー
※先に「ニューコードNLPワークショップトレーナー」資格の習得が必要。
受講期間 12日間費用などの詳細はこちら
講師の質 ジョン・グリンダー氏の直接指導が受けられる。博士は心理学の専門家ではないものの、言語学者としては世界的権威。
専門分野 自己啓発向け:“内面世界の開放”をテーマにした、学術分野寄りの心理ケアに重点を置いている。理論としての完成度は高い。
【第4位】
NLP日本コミュニケーション
トレーナー協会

LP日本コミュニケーショントレーナー協会HP画像
公認団体 米国NLP協会(リチャード・バンドラー派):日本国内の主流派。NLP創始者の1人が立ち上げた団体。
取得できる資格 NLPトレーナー
受講期間 6日間:開催期間等の詳細はこちら
講師の質 NLP開発メンバーの1人であるリチャード・バンドラー氏からの指導は魅力的。
専門分野 セラピー向け:リチャード・バンドラー氏自身が著名な心理学セラピストであり、“指導者”を育成するというよりカウンセラーの教育に重点を置いている印象。
【第5位】
NLP感性研究所
NLP感性研究所HP画像
公認団体 米国NLP協会(リチャード・バンドラー派):NLP創成メンバーの1人、バンドラー氏が主催する団体。
取得できる資格 NLPトレーナー
受講期間 期間・費用とも非公開※
※下位資格の取得後、選考試験を経てトレーナープログラム参加権を得る。
講師の質 リチャード・バンドラー氏の直接指導を受けることも可能。スクール側でも万全のサポート体制を敷くとのこと。
専門分野 セラピー向け:他者に働きかける方法論よりも、抑うつなどを含めた自己のモチベーション管理術に重点を置いている。

本気でNLPトレーナーを目指すなら

私がNLP-JAPANをお奨めする最大の理由は、同スクールが日本で唯一全米NLP協会の公認を受けていること。そのため、NLP関連資格の中でも最高峰の、マスタートレーナーの称号さえ取得することができます。

しかも、これらの資格を日本に居ながらにして取得することが可能なのです。普通、トレーナー資格の習得には渡米が必要となりますが、このスクールでは上級講師を直接招いて講義を行います。

その講師にしても、全米NLP協会の最上級トレーナーであるタッド・ジェームス氏という豪華さ。同氏は、第三世代NLPのタイムライン・セラピーを確立した方として、皆さんもご記憶があるかと思います。

米国催眠療法協会会長も兼務するという、人間心理を熟知した同氏ならではの実践的な指導は、いずれ講師となるあなたにとって貴重な財産となるでしょう

当然、日本語による同時通訳も付きますので、英語が苦手という方もご心配なく(笑)。通訳者自身もNLPに堪能な方のようで、事務的な英文メールすら打てない私でも齟齬なく理解することができました。

最近では、MBAと並んで企業経営者の必須条件になりつつあるNLPですが、確かに私が受講したクラスでも医師や弁護士と共に多くの企業人を見かけました。この機会にトレーナー資格を得て、彼らと親交を結ぶのも、あなたを成功へと導く手段の一つかと思います。

このスクールでは、ワタミグループ会長の渡邉氏などを招いた特別講演も数多く実施しているようですので、興味のある方は一度ご確認になってみて下さい。

>>NLP-JAPANの詳細情報はこちら<<