HOME » NLPトレーナーになるには » ペーシングとは?

ペーシングとは?

NLPのペーシングをお伝えしていきます。
他のページではミルトン・モデルの言語について、使い方などをお伝えしています。
ただし、NLPのミルトン・モデルなどは、相手との信頼関係があって成り立ちます。その為に使えるのがNLPのペーシングです。ではペーシングをお伝えしていきます。

もしも、NLPトレーナーを目指している、人の上に立っている(立ちたい)など、人に対しての影響力や説得力を高めたいとお考えでしたら、信頼関係を築くために、ペーシングを学ぶことは必須といってもいいです。
ペーシングは次のポイントを相手に対して合わせていきます。

  1. 話し方や声の調子
  2. 相手の価値観、世界観

いきなり言われてもわかりにくいと思いますので、1つずつお伝えしていきます。

例えば、1番は基本的なことです。ここから始まります。
いきなり深い信頼関係を気づくことも、相手が心を開いてくれることもありません。
ですので、まずは警戒を解き、安心感、好感を持っていただけるようにします。

具体的には、話し方のスピード、リズム、間、などです。
そして、声の強弱や高低、大きさなどを合わせていきます。

このように合わせていくことで、好感や安心感をいただきます。
そして、相手の価値観や世界観に合わせていきます。ここではNLPでいう深いレベルでの信頼関係を築くことが出来ます。

そして、深い信頼関係を気づくことができると、メッセージを伝えやすくなります、なぜならば、「あの人の話だから」という関係になれるからです。