HOME » NLPトレーナーになるには » 資格のバリエーション

資格のバリエーション

このページでは、NLPトレーナー資格の種類について解説しています。

最上級のマスタートレーナーも視野に

団体別にどのようなトレーナー資格があるのか、まとめていきましょう。

基本的に、NLP団体の資格は、プラクティショナー、マスタープラクティショナー、トレーナーという順に階段を上がっていく形になっています。

プラクティショナーやマスタープラクティショナーを育てることができるトレーナー資格ですが、実はトレーナーを育てることができる「マスタートレーナー」というさらに上位の資格が存在するのです。マスタートレーナーの資格を得るためのカリキュラムが整備されている団体は、全米NLP協会か、NLPユニバーシティだけ。

私が全米NLP協会を薦めてきたのはそういった理由もあるのです。ですから、日本で本格的に指導者になることを視野に入れているのなら、全米NLP協会の資格を得ることができるNLP-JAPAN ラーニング・センターがオススメということになります。

トレーナー資格のバリエーションにも目を向けよう

NLP関連のトレーナー資格は1つだけではありません。一般的な内容を教えるために必要なのはNLPトレーナーの資格となりますが、NLPの基礎的な考え方をベースに発展させて、さまざまな能力を伸ばすための講座が開かれるようになってきています。

一例を挙げるとすれば、NLPを応用したセラピーの手法として「コア・トランスフォーメーション」というものや、NLPと近しい目的で学習されている「LABプロファイル」、「マネークリニック」といったメソッドも、NLPトレーナーの資格を取得した後に、合わせて持つようにすると講師としての深みを身に付けることができるでしょう。

先に名前を挙げたNLP-JAPAN ラーニング・センターでは、これらのトレーナーの資格を学ぶこともできます。専門家としての付加価値を手に入れるため、こうしたメソッドおよびそのトレーナーとしての資格にも目を向けた方がよいかもしれませんね。

>>NLPトレーナー資格スクールを比較<<